細長いフォルムを生かしたデザインとガラスの輝き

備考【キロからのお願い】
メーカーカタログに記載がある書体であれば、ホームページ上選択できない書体でも製作できる場合がございます。
書体が選べない場合は、一番最初の書体をお選び頂き、ご注文手続きを進めてください。
ご注文手続きを進めて頂くと、備考欄(自由に文字が書ける欄)がございますので、【選択できない書体/○○(ご希望の書体)でのシミュレート希望】とご記載ください。
※記載する場所がわからない場合は、ご注文後メールにてご連絡下さい。
※ガラス表札は設置する壁の色や、雨の影響により文字が見にくい場合がございます。予めご了承ください。

  • 4.00

    色が今一?

    岡本 榮一

    期待していた鮮やかさのある色ではありませんでしたが、厚みもよく市販のものに比べると履き心地は良く温かいです。朝の登校児童の見守りに履きます。

  • 3.00

    色々と残念な集団

    もここ

    暗殺集団て。何ていうかファミリー経営的なアレにしか見えなかったんだけど、色々としょぼくない?次々と良い人達が殺されていくのは胸糞だったし、主人公は自分の事しか考えてないし、常に妻が~リズが~ってうるさいし。あの事故も、荷物の積み忘れも妻が仕組んだのかな?って思ってたのに単なる忘れ物と普通の事故でしたっていう。積み忘れたのが運転手にしてもバックミラーくらい確認せえよ。そんなに注意力散漫な殺し屋がいてたまるか。そしてストーリー展開に都合がいい部分だけ覚えてて、あとは忘れる主人公。ていうか、リズや代役も真っ向から否定するだけとか下手すぎかよ。嘘で丸め込んで強制入院させときゃいいのに、何故殺そうとする。案の定失敗して犠牲者をいろんな意味で増やして、より大事になっていく。任務失敗で見捨てるならまだしも、殺し屋を殺すのって難しいでしょうに。ていうか…今気づいたけど殺し屋連中始末したの全部ジーナじゃん……ジーナ最強じゃん……成功率100%謳ってた割には小規模な団体だし、主要メンバーアホ揃いだし、ユルゲンさん頑張れば生きれたよ。でもなあ、ユルゲンさんも出る必要あったかなあ?いなくてもリズの予定把握して話して、空港で荷物受け取ったらそのままエンディングへの流れだし、それならジーナとの話とか増やして、二人の色々があってもよかったような。記憶もどる前も自分の記憶の事しか頭にないし、特別二人を結びつける絆とかも感じない。最後は夫婦的な感じに旅立って終るけど、殺し屋としての人生はどうなったんだろか。お金あるからもういいやなのか、その辺も中途半端だから全然エモくない。リズが爆死するのは予想外だったけど、あんな短い時間でセットして解除しに戻るとか無理ゲーすぎ。何となくジーナと主人公くっつけるための障害を取り除いただけっていうご都合展開なのかなと。記憶もどるのも遅いし、かといって格闘で覚醒する感じでもないもたもたしたアクションだし、結局カーチェイスも主人公、殺し屋(仲間)共に大破するし色々残念。残念な殺し屋さん達を見たい人にはおすすめです。あと余計なストーリーはいいや、アクションもどき見たいです、って人にも良いです。こういう映画の軸にたまにいる、理想主義の研究者は本当に身辺注意しないと殺されそう。無限トウモロコシいいなあ。

  • 3.00

    星3つ、可もなく不可もなくです。

    papa

    足のサイズは26cmの、私にちょうど良いでした。登山で1日中履いてみましたが、暖かい?あっつい?通気性?て、感じです。

  • 5.00

    良い映画です。

    Amazon カスタマー

    悪から正義?への変化が良いです。

  • 4.00

    柔らかい。

    takaさん

    週一回程度の使用で半年ほどたちました。破れなどは気配もないです。新品当時のホワホワ感はなくなりましたが、いまだ柔らかく履き心地が良いです。

  • 3.00

    もっと真面目な映画かと思いました

    K太

    まだ話が掴めないうちは、あまりの荒唐無稽さに大笑いしながら観ていました。なんじゃこれ、もしかしてSFなの?と。だんだん話が見えてきたら、どうやらサスペンスアクションとわかりましたが、それでもまだまだ荒唐無稽。よくこんなストーリーを思いついたなと感心はしますが、内容はあくまでもエンタメであり、まるでマンガ。予想とだいぶ違う映画ではありましたが、役者陣の良さのおかげか、まあまあ楽しめました。ちょっとネタバレ気味になりますが、舞台を火星にすれば『トータルリコール』(シュワちゃん版)に似てるかな?

  • 2.00

    かなり締め付けがきつい

    Susumu

    足首の締め付けがきついので気になる

  • 3.00

    気を持たせるのがメインの映画

    ティア

    サスペンス、謎解きなんだけれども、ストーリーが進むに連れて先が楽しみになるというより、一気に最後に分かるという形式なので、それまでに飽きてしまう人が居るかも知れない。個人的には、ブルーノ・ガンツが出ているので(米独共同制作なら、ドイツの名俳優は必須でしょう←出身はスイスだけど)、途中から終盤までも飽きずに観ることが出来た。工作員が事故で記憶喪失になってから、事故の存在証明を探し求めて、最後のクライマックスになる。だが、重要な任務を帯びて「夫婦風の2人の工作員」が、しかも、ベルリンには以前も来ているのに、荷物を置き忘れるというアホらしさ。更にはそれはアタッシュケースで、「自分で持つだろう」と思う。盗難されていたら、複数のパスポートから捜査も入るだろうし。大きな事故があったんだから、警察も身元確認して、外国人なら空港の入国を調べるはず。それさえない。運転手の取り調べさえない。「彼は空港から女性と一緒に乗りました」となるのに。更に替え玉にすり替える時点で、最初の工作員は、「価値なし」になったわけで、所属する組織が暗殺に来るはず。記憶が完全に戻るまで、格闘術も忘れてる。格闘というのは、マッスルメモリーと言って、脳が忘れても勝手に反応するものだ。少なくともプロはそうだ。無駄に「間があるシーン」も多い。キスシーンだの、ぼんやりしてるだの。警察も彼を追う。助けようと。謎の暗殺集団も追う。本人が知らずに特殊能力がある。余計なシーンが一切ない。であれば良かったと思う。

  • 5.00

    Best in class

    yu045

    Great socks for hiking, tried other brands but these are the ones I use the most. I do 24k walks in mountains for many days in a row.

  • 4.00

    ジェイソンボーンシリーズより良いとこはですね(ネタバレしまっせ)

    NATO太郎

    記憶喪失モノでスパイモノで舞台はベルリンとくればジェイソンボーンシリーズのパクりなのは言わずもがなですね。まんまです。ただアノシリーズより良い点がいくつかあります。まず話の舞台(イタリアからドイツ、モスクワに南米さらには東南アジアまで)やら監督スタッフやら果ては主役までクルクルとシリーズごとに変わるボーンシリーズに比べ、コレの舞台はベルリンという都市一点にしぼっていること、その他監督や主役はもちろん変わりようがないですねコレはシリーズモノじゃないので。あとはシリーズが多すぎてどれか一つだけのジェイソンボーンを見ても登場人物や組織が複雑に絡まりすぎててわかりずらいボーンシリーズに比べてコレは1本の映画で完結してるので話が簡潔でわかりやすい点です。すべて当たり前のことですがコレが良い星4。しかし単なる産業スパイ程度にアソコまでするのか?とか旧東ドイツ秘密警察の探偵役が全くもってヒネリのないガジェットだったり記憶が戻ったスパイ(てか爆弾魔)がなんの葛藤もなくあっさり正義漢に変貌したり萎える展開がチラホラで星マイナス1。後半テンポの良さで映画としてのマイナス面を乗り切っていく感じ。やたらとメルセデス押しですスポンサーなのかな?まぁとにかくエンターテイメントとしてハズレでは絶対ないのでアマプラ無料で星4。オススメ。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
  1. ホーム
  2. 門扉、玄関
  3. 美濃クラフト フラットガラス 長方形 250×60 GP-114 『表札 サイン 戸建』